「早起きが出来ない」という方へ

【目次】
#早起きのきっかけは「約束」から
#起きられない
#とりあえず早起きするために
#セミナーの雰囲気に「ついて行けない」
#会場が「ホテル」という場所にて
#最初の開催は思わぬ形で
#その仮説は正しかったか?
#なかなか人には頼みづらいことですが
#お問い合せ先

早起きのきっかけは「約束」から

早起きをする有効な方法は「朝、人と会う約束をする」ことです。しかし現実問題としてなかなか「朝、会ってくれる人」という人は多くありません。

朝食会開催までに辿り着いた紆余曲折の話をお伝え致したいと思います。

起きられない

会社を辞め、自宅で行政書士事務所を開業後、完全に昼夜逆転の生活を送っておりました。

 

このままじゃマズいな、とりあえず生活習慣を改善しないと...

 

とりあえず目覚まし時計を朝5時にセットし、布団に入るのですが、

 

全然眼が冴えて眠れない。

 

普段なら寝ないといけないような時間(午前0時前後)になっても全然眠れないのです。

 

そしてようやく眠たくなってきた頃...夜が明けてきた。

とりあえず早起きするために

そんな状態を打開すべく最初に考えたのが、

 

早朝からやっているビジネスセミナーに参加すること。

 

早朝のセミナーに参加を予約する。

 

セミナー参加を決めることで当日、寝坊するという「退路を断つ」ことが可能なのではないだろうか?そう考えたわけです。

 

結果は...当日、起きることが出来ました。

 

前日、寝たのは3時半(厳密に申し上げますと当日ですが)。そして当日の朝、5時半に起きることが出来ました。

 

そして7時過ぎに都内にあるセミナー会場に到着し、セミナーを無事、受講することが出来たのです。

 

その日、早起き「だけ」は何とか達成することができた。

 

そう、何とか早起きすること「だけ」は出来たのですが...

セミナーの雰囲気に「ついて行けない」

懇親会

適切な表現かどうかはわかりませんが、こういったセミナーはいわゆる、

 

意識高い系

 

の人達が多く参加しております。

 

とりあえず早起きが出来ればいい、といった自分のようにハードルの低い人間とは根本的に考えが違っておりまして、

「人生を変える」
「成功者になる」
「なりたい自分になる」

 

何といいますか、

 

住む世界が違い過ぎる...

 

例えば「成功者の格言」「偉人の名言」といったものを暗唱するのですが、

 

「ハイ全員で、大きな声で!」

「声が小さい!もう一回!」

 

ようやく早起きが出来たというので喜んでいる自分は何といいますか、

 

掛け算九九が出来るようになった小学生が大学生の授業に出席しているような居心地の悪さ

 

とでもいいましょうか、

 

とにかく一刻も早くここを出たい。

 

人生の成功とか、なりたい自分とか、そんなことはどうでもいい。

 

一刻も早く家に帰りたい。そして今日早起きした分、寝たい。

会場が「ホテル」という場所にて

その後もいくつかの早朝セミナーに参加を申込んでみました。

 

結果としてわかったことは、こういったセミナーは大別すると、

 

・いわゆる「成功者」とよばれる講師による「ワンマントーク」のようなセミナー

・特定の成功者を「みんなで応援する」タイプの「内輪ウケ」のような交流会

 

いずれの場合も、いきなり「飛び入り」で参加するような形の自分にとっては非常に居心地が悪いものでした。

 

その中で、

 

セミナー会場がホテル

 

というセミナーがあったのでとりあえず申し込んでみることにしました。

 

基本的には「成功者を囲む会」のような感じで、内容そのものにはあまり期待していなかったのですが、

 

「ホテルで朝食をとるというのはちょっと面白そうだ。とりあえず参加してみるか」

 

そんな感じでした。

 

ホテルの朝食自体は素晴らしいものでした。しかし参加者のトークが...

 

詳しい話は割愛致しますが、何といいますか、

 

(席を立って)ビュッフェ台に行きづらい...

 

テーブルの一席に陣取り、その中のグループセッションで参加者同士、お互い自己紹介を行います。

 

そしてその中の参加者の一人が自分の話を熱く語る。

 

そんな中、自分一人だけ席を立つのはさすがにバツが悪いですよね。

 

結局、せっかくの豪華なビュッフェを目の前にしながら一回だけお皿に盛っただけで終わってしまいました。

 

普通に食事「だけ」を楽しめるような早朝セミナー、というよりイベントがあればいいのに...

 

その時はそんな感じで会場のホテルを後にすることになりました。

最初の開催は思わぬ形で

懇親会

きっかけは、とあるセミナーの懇親会でした。

 

「早起きっていいですよね」

 

他の参加者の方がそんな話をされていた。なので自分もそれに合わせる形で、以前参加した早朝セミナーで、会場となったホテルの朝食の話をしたことでした。

 

「確かに。私も、ホテルで朝食なんかするといいですよね」

 

と自分が訪れたホテルの朝食の話をしたところ、他の参加者の方々が、

 

・どんな感じでしたか?
・普通の人でも行けるんですか?
・高くないんですか?
・今度行ってみたい。

 

そして、

 

・ぜひ案内してください。
・いつ行きますか?

 

いつの間にか「みんなでホテルへ行って朝食を食べよう」という企画がトントン拍子に決まり、そして自分が幹事として選ばれていたのです。

その仮説は正しかったか?

その時は思いました。

 

・これはおそらくマグレだろう。

それでも実績は実績。たとえ1回の主催でも、セミナーの懇親会という場所を「借りた」としても0から1となったことは大きい。

 

それと、

 

・早起きをしたいという人はいる。

・自分にビジネスセミナーや読書会をやれるような実績やネームバリューはない。

・しかし朝、ホテルを案内することなら自分でもできる。

 

日記

そのために一人でホテルを予め訪れてみることにしました。

・今回、会場として利用したホテルは良い場所なのか?もっといい場所はないか?
・次に訪れる場所が実は悪い場所だったとならないために。
・こんな情報を提供したら喜ばれるんじゃないのか。

 

それらの内容を備忘録的にまとめるために始めたのが現在のブログ、そしてこのwebサイトである「東京ホテル朝食日記」です。

 

なかなか人には頼みづらいことですが

「朝、早起きをしたい」

 

なので、

 

「今度の早朝、私と会ってくれませんか?」

 

こんなお願いを聞いてくれる相手はそうそういません。

 

よほど長年の付き合いがある友人か、あるいは貴方自身に特別な実績ないしは肩書があるかのどちらかでしょう。

 

普通の人がこのような不躾な要求をした場合、

 

「なんで?」(貴方のために私が早起きなんかしなければならないのか)

 

と困惑されてしまうでしょう。

 

なので、

 

その要望に私はお答えいたします。

 

ただし条件があります。

 

ホテルでお会いすること。

 

理由といいますと...

 

・私自身がホテル(の朝食)の情報を集めている

 

からです。

 

多くの人は早起きするメリットというのをなかなか見いだせません。

 

むろん、中には早起きのメリットを明確に見出している人もいます。例えば早朝ランニング(=ダイエット)や勉強(=資格試験等)です。

 

しかし、

 

そんな目的をやたらに人には教えたくない

 

ですよね。

 

理由は簡単です。

 

挫折した時、変に噂を立てられたくないから。

 

ちなみに私は早起きもホテルを訪れる目的も明確にお伝え致しております。

 

・自分自身が「人と会う約束をすることで」早起きをしたいから

・訪れた先のホテルをブログに書くことを習慣にしているから

 

もし、私と会う貴方に何らかの目的があるとします。

 

例えば私自身、資格試験(行政書士試験)を経験した身としてわかるのですが、

 

(資格)試験勉強をやっていることなんて基本的に人には言いたくない

 

のです。

 

その他にも、わざわざ朝早起き、それもホテルまで来る理由をいちいち人に言いたくはない、なんて方、結構多いのではないでしょうか。

 

何も言う必要はありません。

 

ただ、

 

「朝早起きしてホテルを訪れ、朝食を楽しみたい」

 

理由はそれだけで十分ではないでしょうか?

 

あるいは、

 

理由はこれから考える。

 

それでも全く問題ないと考えております。

 

お問い合せ先

連絡先は下記3種類の中からお選びいただくことができます。

1.電話でのお申し込みは TEL:044-988-8859(比嘉行政書士事務所:代表)

2.メールでの直接申し込みは e-mail:info@w-plusweb.net

3.問い合わせフォームでの申込は内容を確認次第、返信のメールをさせていただきます。
(概ね1日以内を目安に返信させていただきます)

1日経過にも関わらず返信の確認がされない場合、大変申し訳ございませんが 、

・メールの送信がコチラで確認出来ていない場合
・メールの返信をしたにも関わらず、送信がされていない場合

等のケースが考えられます。

お手数ですが info@w-plusweb.net まで再度ご送信頂けますと幸いです。 

 

お問い合わせの内容(*複数記入OKです)

朝食会の参加申込

ブログ・webサイト等に関する質問
取材依頼

朝食会以外(バー飲み会等)の参加申込

その他

・ご氏名

・メールアドレス
 

(お間違いのないよう、再入力願います)
・メールアドレス